岡山で、元捨て犬である2匹のわんこと、保護犬猫たちたくさんに囲まれて暮らしています☆  22年前から、犬猫の保護&里親さま探しのボランティアをやっています。 保護犬猫の里親様募集がメインですが、たまに、愛する我が家のわんこの事も綴っていきます♪ 
里親様募集中の大型雑種犬、仮称ボクちゃん、お問い合わせがありません~、、、
2016年01月16日 (土) | 編集 |
12月頭に、殺処分寸前のところを岡山県動物愛護センターからレスキューした、大型雑種犬、仮称ボクちゃん、、、、

里親様募集を続けておりますが、まだ、お問い合わせがありません~、、、

現在、岡山県動物愛護センターには、たくさんの、殺処分期限を控えた子たちがいて、、、、、

ボクちゃんに良い里親様が決まれば、また1匹、処分寸前の子をレスキューしてあげられるのですが。。。。。。。。



ぼくちゃん、怪力と驚異の運動神経の持ち主ですが。。。
それとは対照的に、穏やかな性格の、かわいい子です。。。。。


一つ残念なことが、、、、
この子、センターの簡易検査ではフィラリア陰性だったのですが、かかりつけ医での精密検査の結果、フィラリア陽性であることが判明、、、、
しかも咳き込みがあるため、数日前から、毎日朝夕の血管拡張剤の投与を開始しました。。。

ただ、不幸中の幸い♪
大型犬は血管も太いので、適正な治療さえ行えば、フィラリアが詰まって死に至る確率は非常に低いんです。

里親様には、治療のお手間をおかけすることとなりますが、、、、

捨てるような飼い主に飼われ、今まで決して幸せではなかったであろうボクちゃんを、どうか温かく家族に迎えて頂けませんか???




IMG_8302.jpg

IMG_8303.jpg

IMG_8285.jpg

IMG_8288.jpg







★仮称ボクちゃん、里親様募集の詳細★

■10/19に岡山県動物愛護センターに収容され、、、12/4に我が家でレスキューしました。
■3~5歳の、男の子です。
■大型犬です。保護当初はとても痩せていましたが、、、ものすごい食欲で、毎日1㎏以上のフードを平らげ、、、、現在26~28㎏です。 
■去勢手術済み、9種混合ワクチン接種済み、駆虫済み、血液検査は2回実施しており特に異常なし。
■フィラリア陽性
※現在、軽度ですが咳き込みがあります。毎日朝夕の血管拡張剤等の投与が必要です。また、夏場だけではなく、通年、月1回のフィラリア予防薬の投与が必要です。(私のかかりつけ医の場合で、フィラリア治療に要する医療費が4000円程度/月 です) 適正な治療を継続して頂ければ、3~5年程度で、フィラリア陰性となります。
■人馴れしていますが、少し臆病で、穏やかな性格の子です。 自分から他のわんこに対して唸ったりすることは、全くありません。(相手からしつこく喧嘩を売られると、さすがに、買ってしまいますが。)
ただ、怪力と、驚異の運動神経の持ち主です。 お散歩は、成人男性か、ある程度力のある女性でないと、引っ張られます。現在しつけ中。。。
また、1.5m程度のフェンスは、余裕で飛び越えます。 そのため、室内飼いして頂ける方か、ある程度のスペース内(少なくとも、畳2畳分以上のスペース)でフリーにして頂ける里親様を、募集いたします。 
※ただし、もし、2.5m程度以上の高いフェンスで囲まれているお庭などをお持ちのご家庭の場合は、屋外飼育(フェンス内でフリー)も可能です。
※犬の幸せの為、、、、「屋外で、1~2mの短い鎖でつないで飼う」という昔のような飼い方は、どの子もお断りさせて頂いております。

★なお、当方では、成犬・成猫は必ず1ヶ月のトライアル期間を設けております。
里親ご希望者様にお預け後、一緒に生活してみて頂き、、、もし、「考えていたのと違った」「近所から苦情がきてしまった」「先住犬・猫との折り合いが悪い」など、生涯責任を持って大切に育てていくことに自信が持てない場合、飼い主さんはもちろん、犬・猫にとっても不幸であるため、トライアル期間中は、ご遠慮なく、お返し頂いております。




お問い合わせ、里親お申込みは、tomossr@royal.ocn.ne.jp 西村までお願いします。


里親ご希望者様につきましては、まず、里親様になって頂くための条件をお読み頂き、条件を満たされているかどうかをご確認下さい。その上で、メールには、お問い合わせフォームの内容を必ずご記載頂き、お問い合わせくださいますよう、お願いいたします。。。













苦しい、炭酸ガスでの殺処分を目前に、、、助けを求めている犬猫たちが、たくさんいます。

犬猫を迎えられるときには、是非、私のような愛護活動をしているボランティア、もしくは保健所から、お迎え下さい!!!

ペットショップで売られている犬猫は、犬猫繁殖業者やブリーダーにより、メス犬・猫に次々と無理な妊娠・出産を強いて、商品として製造されています。
繁殖用のメス犬は、上半身を固定され、逃げられない状態にされ、交尾させられます。こんな動物虐待を行う必要性、あると思いますか??? 許されてよい行為だと思われますか???

買う人がいるから、また次々と繁殖用に飼育され、妊娠を強いられ産まされて、、、そして子供が産まれても、すぐに引き離されていくのです。。。とても残酷な事だと思いませんか??
そんな無理やり繁殖させられた犬猫たちを買う人々も同罪であることに、みなさん、どうか、気付いて下さい、、、、
そして、次に犬猫を迎え入れるときには、是非、保健所やボランティアから、お迎えください。


無理に産ませなくても、、、飼い主に捨てられ、殺処分を目前にし、助けを求めている犬たちは、たくさんいます。。。

ペットショップで犬猫を買われる方には、是非、そのことを、教えてあげて下さい。。。


↓岡山市保健所、倉敷市保健所、岡山県保健所(岡山県動物愛護センター)の、現在の、犬の収容情報です↓
岡山市保健所
倉敷市保健所
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)その他の譲渡


br_decobanner_20091130164710.gif
☆ランキングに参加しています。ランキングが上がれば、良い里親様との出会いの可能性も高まります。。。 1匹でも多くの命を救うため、ポチっとのご協力をいただけたら、幸いです。。。


スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック