岡山で、元捨て犬である2匹のわんこと、保護犬猫たちたくさんに囲まれて暮らしています☆  22年前から、犬猫の保護&里親さま探しのボランティアをやっています。 保護犬猫の里親様募集がメインですが、たまに、愛する我が家のわんこの事も綴っていきます♪ 
岡山県動物愛護センターに収容中の子たちのうち、超緊急の子たち!12/12最新
2015年12月12日 (土) | 編集 |
12月12日現在の最新情報です。

岡山県動物愛護センターに収容中の子たちのうち、期限が迫っている、超緊急の子たちです!

写真の左端の日付(赤枠内)が、その子の命の期限です。
写真が上の方にあるほど、期限が迫っている子です。

1匹1匹、喜怒哀楽のある、価値ある命。。。
私たちと同じ、痛みも悲しみも苦しみもある、命なんです。。。

今現在生きているこの子たちの命を、人間の都合で抹殺する権利など、人間にあるのでしょうか???


この子たちを家族としてお迎えいただける方、どうか岡山県動物愛護センターまで、お申し出、よろしくお願い申し上げます。



■譲渡条件・手続きについてはこちら(③その他の譲渡、をご覧ください)→http://www.pref.okayama.jp/page/435473.html

■この子たちの詳細はこちら(スマホで見ると、写真が強烈に小さく、まるでミクロの世界です。“表示”を“パソコン”にしていただけたら比較的まともな写真が見られます。→http://www.pref.okayama.jp/page/429012.html

IMG_8004_20151212105254962.png
IMG_8005.png











苦しい、炭酸ガスでの殺処分を目前に、、、助けを求めている犬猫たちが、たくさんいます。

犬猫を迎えられるときには、是非、私のような愛護活動をしているボランティア、もしくは保健所から、お迎え下さい!!!

ペットショップで売られている犬猫は、犬猫繁殖業者やブリーダーにより、メス犬・猫に次々と無理な妊娠・出産を強いて、商品として製造されています。
繁殖用のメス犬は、上半身を固定され、逃げられない状態にされ、交尾させられます。こんな動物虐待を行う必要性、あると思いますか??? 許されてよい行為だと思われますか???

買う人がいるから、また次々と繁殖用に飼育され、妊娠を強いられ産まされて、、、そして子供が産まれても、すぐに引き離されていくのです。。。とても残酷な事だと思いませんか??
そんな無理やり繁殖させられた犬猫たちを買う人々も同罪であることに、みなさん、どうか、気付いて下さい、、、、
そして、次に犬猫を迎え入れるときには、是非、保健所やボランティアから、お迎えください。


無理に産ませなくても、、、飼い主に捨てられ、殺処分を目前にし、助けを求めている犬たちは、たくさんいます。。。

ペットショップで犬猫を買われる方には、是非、そのことを、教えてあげて下さい。。。


↓岡山市保健所、倉敷市保健所、岡山県保健所(岡山県動物愛護センター)の、現在の、犬の収容情報です↓

岡山市保健所
倉敷市保健所
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)その他の譲渡


br_decobanner_20091130164710.gif
☆ランキングに参加しています。ランキングが上がれば、良い里親様との出会いの可能性も高まります。。。 1匹でも多くの命を救うため、ポチっとのご協力をいただけたら、幸いです。。。



スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック