岡山で、元捨て犬である2匹のわんこと、保護犬猫たちたくさんに囲まれて暮らしています☆  21年前から、犬猫の保護&里親さま探しのボランティアをやっています。 保護犬猫の里親様募集がメインですが、たまに、愛する我が家のわんこの事も綴っていきます♪ 
岡山市保健所、素晴らしい取り組みです!!!!!
2015年01月10日 (土) | 編集 |
岡山市保健所、素晴らしい取り組みを始められました!!!!!!

それは、「特別譲渡犬」というもの。

これが何かというと、岡山市のHPによると、、、、
「飼育するにあたり様々な理由から、飼育環境や飼育方法について特殊な条件や注意事項がある犬となっています。
譲渡を希望される方は、下記にある特別譲渡犬情報を読んでいただき、記載にある条件や注意事項に同意していただけるようであれば、保健所衛生課までお問い合わせください。」

ということで、、、要は、多少、健康上や性格上に問題のある子でも、その事を充分理解した上で譲渡を希望される方がおられたら、一般の方でも譲渡します。という事です。

これ、きっと皆さん、「えっ!!?? それって当たり前のことじゃないの??? 逆に、今まではそんな子は、譲渡対象にすら、してもらえていなかったの??????」と驚かれることでしょうが、、、、

そうなんです。
健康上や性格上に問題のある子は、ボランティア譲渡は行われていたものの、一般譲渡対象からは外されていたんです。

でも、ボランティアにも、引き取れる数の限界があるわけで、、、、

行政の方で、もっと、最大限の努力はしてもらいたい、、、、と願っていました。。。


そもそも、“子供たちに命の大切さを教えよう!!”な~んてキレイごとを言いながら、、、
世の中の大部分の大人たちが、罪もない犬・猫たちが殺されていっている事を、見て見ぬふりし、ペットショップの純血種をモノのように買っている、この世の中、、、

そんなことで、その子供たちが、本当に命の大切さを、理解できるはずなどない、、、、、、


私たちボランティアは、もちろん無償で、自分の生活・時間・お金・家族など、様々なものを犠牲にして、最大限助けていますが、、、   ボランティアの力だけでは、到底追いつかないんです。

行政が、率先して、命を大切にする行動を行い、、、、
世の中に、そして子供たちに、命の大切さを伝えて欲しい、、、、
それは、行政の、あるべき姿であり、役目であると思います。





岡山市保健所の、この“特別譲渡”の取り組み、、、
とっても素晴らしい事です!!!!!

この子達に、責任を持って生涯大切にしてくださる、素敵な里親様が決まりますように、、、、、



この子犬2匹が、現在の特別譲渡犬です!!

000210059.jpg

000210061.jpg





そして、この子達は、一般譲渡犬です。

000210228.jpg

000210230.jpg


この子達の詳細・お問い合わせは、岡山市のHPより、お願いします。
岡山市 特別譲渡犬情報
岡山市 一般譲渡犬情報














苦しい、炭酸ガスでの殺処分を目前に、、、助けを求めている犬猫たちが、たくさんいます。

犬猫を迎えられるときには、是非、私のような愛護活動をしているボランティア、もしくは保健所から、お迎え下さい!!!

ペットショップで売られている犬猫は、犬猫繁殖業者やブリーダーにより、メス犬・猫に次々と無理な妊娠・出産を強いて、商品として製造されています。
繁殖用のメス犬は、上半身を固定され、逃げられない状態にされ、交尾させられます。こんな動物虐待を行う必要性、あると思いますか??? 許されてよい行為だと思われますか???

買う人がいるから、また次々と繁殖用に飼育され、妊娠を強いられ産まされて、、、そして子供が産まれても、すぐに引き離されていくのです。。。とても残酷な事だと思いませんか??
そんな、無理やり繁殖させられた犬猫たちを買う人々も同罪であることに、みなさん、どうか、気付いて下さい、、、、

無理に産ませなくても、飼い主に捨てられ、殺処分を目前にし、助けを求めている犬たちは、たくさんいます。。。)

ペットショップで犬猫を買われる方には、是非、そのことを、教えてあげて下さい。。。


↓岡山市保健所、倉敷市保健所、岡山県保健所(岡山県動物愛護センター)の、現在の、犬の収容情報です↓
岡山市保健所
倉敷市保健所
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)







br_decobanner_20091130164710.gif
☆ランキングに参加しています。ランキングが上がれば、良い里親様との出会いの可能性も高まります。。。 1匹でも多くの命を救うため、ポチっとのご協力をいただけたら、幸いです。。。

スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック