岡山で、元捨て犬である2匹のわんこと、保護犬猫たちたくさんに囲まれて暮らしています☆  22年前から、犬猫の保護&里親さま探しのボランティアをやっています。 保護犬猫の里親様募集がメインですが、たまに、愛する我が家のわんこの事も綴っていきます♪ 
岡山県動物愛護センターに行ってきました。
2014年08月09日 (土) | 編集 |
先日、仲間2人と共に、岡山県動物愛護センター(保健所)に行ってきました。
今回は夏休みなので、、、息子と、中学2年生の姪(2人とも、将来、獣医志望♪)も、命の教育をかねて、連れていきました。。。

すごい数の、犬・犬・犬、、、、それに猫、、、、余裕で30匹を超えています、、、、

多数の犬・猫が収容され、もう、どうにもこうにも、ボランティアの手に負える数じゃないです、、、


捨てる人を減らさないと、、、、
飼い主の意識を変え、「犬がいなくなったらすぐに保健所に届け出を出す」という当たり前のことが当たり前に出来るようにならないと、、、、
そして、実際に活動するボランティアの数が増えないと、、、

私のほうは、収容期限がとっくに過ぎていながら、かろうじてまだ処分されていなかった2匹を、引き取ってきました。
(近日中に里親様募集記事を出したいのですが、、、バタバタなので、後日記事を書きます)

でも、まだまだ、、、、すごく性格は良いのに、このままだと殺処分されるしかない子たちが、たくさんいます、、、、


一緒に行った仲間2人は、それぞれ、すでに私以上に多数の子たちを保護しており、これ以上の引き取りは困難なため、レスキューすることは出来ず、、、、




ところで、今年の4月から、岡山県動物愛護センター(保健所)の所長さんが代わったのですが、それがとっても素晴らしい所長さんで、、、、
毎日犬舎に出向き、積極的にお散歩に連れ出してくださり、収容犬たちに、優しく声をかけて下さっています、、、、、
委託業者の方々にも、収容犬のお散歩をするよう指示をしてくださっているようで、、、、

犬たちも所長さんに懐いているので、、、犬たちの姿から、所長さんの、普段の犬に対する関わりがよくわかります。。。
(犬は人間より正直なので、、、犬の様子がすべてを物語るのです)

そういった点から、3月までの状況よりは、犬たちの恐怖心が、随分マシになっていると感じました。

収容期限が切れた子も、可能な限り、置いてくださっています。

殺処分方法について、非常に苦しみを伴う炭酸ガスでの窒息死ではなく、本当の安楽死(睡眠薬で眠らせたのち、筋弛緩剤を注射)に変えてほしい、、、と訴えたところ、「そういう方向にしたいとは思っている」と、おっしゃってくださいました。

こういう、命を大切にするお気持ちのある方が、愛護センターの所長として赴任してくださり、すごく有難いです、、、、、、
(というか、本来なら、元々そうあるべきなのですが、、、、今まではそうではなかったので、、、)


とはいえ、すでに収容棟は、ほぼ満室状態、、、、

毎日、次々と新たな犬が収容されてきているので、こうなると、どんなに所長さんや他の職員さんたちが頑張ってくださっても、やはり殺処分せざるを得ない、という状況です、、、、、、、




そこで、皆さんにお誘いです、、、、

1匹でも保護&里親様探しが可能な方、、、、
ボランティア登録をして、私たちと一緒に、不幸な子たちを助けませんか???

保護されている子たちは、中型が多いですが、現在、小型犬も多数います。
中型でも、非常におとなしく、室内に大型ゲージを置けば問題なく保護できるような子も多数います。
もちろん、おとなしい子ばかりではないので、、、可能ならば、中型~大型の普通の子を保護できる方も、大歓迎です。

もちろん、保護経費は掛かります。
ボランティアの方でも保護費用のねん出方法はまちまちで、、、、
全て自己負担でされている方、、、、
ブログやフェイスブックを通じて、募金のお願いをされている方、、、
私のように、大々的な募金活動は行わず、里親様やブログを見て下さっている方からご支援を頂いたり、アフェリエイトで保護費用の一部を稼ぐなど、、、、、、、
ご自身が可能な方法で、されるとよいと思います。

里親様募集は、「いつでも里親募集中」「ペットのおうち」などの里親募集専用サイトが効果的ですが、譲渡会に参加される場合には、私や仲間の譲渡会で、ご一緒に行いましょう。。。


ボランティア登録は、以下の手順で行えます。
1、愛護センターに電話し、ボランティア登録したい旨、伝える。
※この時もしくは、次の保護場所確認の際に、飼っている犬・猫の数、犬は狂犬病注射や登録番号、避妊・去勢の有無を報告し、保護っ子の保護スペースについて自宅の間取りを提出します。
2、愛護センターの職員さんが自宅(保護場所)確認に来られる。
3、ボランティア審査でOKが出るのを待つ(2~3日)
4、愛護センターに行き、レスキュー
という流れです。

もちろん、最初に愛護センターに見学に行かれ、どの子を保護するかを決めてから登録されてもOKです。



何の罪もない犬・猫が、捨てられ、殺される、異常な状態を、、、、
この問題を作っている私たち人間の責任として、変えていきましょう!!!





↓この子達は、昨日時点で岡山県動物愛護センターに収容されていた子たちのうち、ほんの一部です↓


IMG_4583.jpg
IMG_4506.jpg
IMG_4565_201408091335393d2.jpg
IMG_4580_2014080913373327b.jpg
IMG_4569_20140809133538cf0.jpg
IMG_4578_201408091335380e5.jpg
IMG_4558.jpg
IMG_4527.jpg
IMG_4536.jpg
IMG_4540.jpg
IMG_4543.jpg
IMG_4545.jpg
IMG_4548.jpg







苦しい、炭酸ガスでの殺処分を目前に、、、助けを求めている犬猫たちが、たくさんいます。

犬猫を迎えられるときには、是非、私のような愛護活動をしているボランティア、もしくは保健所から、お迎え下さい!!!

ペットショップで売られている犬猫は、犬猫繁殖業者やブリーダーにより、メス犬・猫に次々と無理な妊娠・出産を強いて、商品として製造されています。
繁殖用のメス犬は、上半身を固定され、逃げられない状態にされ、交尾させられます。こんな動物虐待を行う必要性、あると思いますか??? 許されてよい行為だと思われますか???

買う人がいるから、また次々と繁殖用に飼育され、妊娠を強いられ産まされて、、、そして子供が産まれても、すぐに引き離されていくのです。。。とても残酷な事だと思いませんか??
そんな、無理やり繁殖させられた犬猫たちを買う人々も同罪であることに、みなさん、どうか、気付いて下さい、、、、

無理に産ませなくても、飼い主に捨てられ、殺処分を目前にし、助けを求めている犬たちは、たくさんいます。。。)

ペットショップで犬猫を買われる方には、是非、そのことを、教えてあげて下さい。。。


↓岡山市保健所、倉敷市保健所、岡山県保健所(岡山県動物愛護センター)の、現在の、犬の収容情報です↓
岡山市保健所
倉敷市保健所
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)







br_decobanner_20091130164710.gif
☆ランキングに参加しています。ランキングが上がれば、良い里親様との出会いの可能性も高まります。。。 1匹でも多くの命を救うため、ポチっとのご協力をいただけたら、幸いです。。。


スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック