岡山で、元捨て犬である2匹のわんこと、保護犬猫たちたくさんに囲まれて暮らしています☆  21年前から、犬猫の保護&里親さま探しのボランティアをやっています。 保護犬猫の里親様募集がメインですが、たまに、愛する我が家のわんこの事も綴っていきます♪ 
大切な大切な命を、救いたい、、、、
2014年05月11日 (日) | 編集 |
現在、岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)や岡山市保健所には、非常に多くの犬が収容されています。。。

捨てる人たち・飼い犬がいなくなっても探さないような、心の通う人間として最低レベルの人たちが、どうしてこうも多いのか、、、、、


この子たちの内、一部は、私たちボランティアが引き出し、幸せをつかみます。
しかし、これだけの数の捨て犬がいる以上、私たちボランティアだけで、すべての子たちを救うことは、不可能なのです。。。

何度も言いますが、私たちボランティアにも、生活があります。
生きていくために働かないといけないし、家事もしないといけない。私の場合、現在子育てをしながら看護学校に通っているため、勉強に追われ、子供の世話に追われ、そして、我が家のわんこ2匹と保護わんこ4匹の合計6匹のお世話をしています。。。
子供がまだ幼くて専業主婦でいられた数年間は、10数匹のお世話をしていましたが、、、、今の生活ではそれは不可能。
今いる子たちのお世話だけで、手いっぱいなのです、、、、



捨てる人を減らさなければ、、、
そして、犬たちを助けてくれる人、、、ボランティアさんや、保護犬猫を家族として迎えてくださる里親様を、もっともっと、増やさなければ、、、、、




罪のない犬たち、、、
この子たちは、うれしい気持ち、悲しい気持ち、不安な気持ち、つらい気持ち、さみしい気持ち、そして窒息死という方法で殺される苦しみ、、、

人間と同じ、色々な感情、感覚があるんです。。。

どうにか、すべての命を救いたい、、、、




↓↓この子たちは、現在岡山県動物愛護センターに収容されている子たちです。

HPに写真が載っているのはこの子たちだけですが、この子たちの他にも、掲載期限が切れ、処分日が近づいている子たちが多数います。。。

岡山県動物愛護センターに収容されている子たちは、極度に痩せている子が多く、、、
どう考えても、適正体重ではなく、餌が足りていません、、、(前にも記事にしましたが、、、我が家で保護中の成犬のポニョ、愛護センターから救出した際には、骨皮状態、、、体重は9.5キロしかありませんでした、、、それが、3週間程度で16.5キロになり、普通体型になりました。。。)
何度か、餌の量の改善について、要請しているのですが。。。
そして、以前より改善されている、という職員さんのお話ではあるのですが、、、、

職員さん方は、人間性の良い方も多く、収容犬たちの収容期間も以前と比較すると随分延ばしてくださっていたり、寒さ対策にマットを敷いてくださるようになったり、ボランティア譲渡もかなり進んできていて、、、その点はとても感謝しているのですが、、、、

何分、餌やりや、糞尿の世話、殺処分は、業者委託、、、

殺される命であろうとも、せめて食事くらいは充分に与えてほしいと、切に願っています。。。



185901.jpg
185902.jpg
185903.jpg
185843.jpg
185844.jpg
185845.jpg
185889.jpg
185846.jpg
185888.jpg
185696.jpg
185697.jpg
185698.jpg
185699.jpg
185841.jpg










↓↓この子たちは、岡山市保健所にいる子たちです。。。

岡山市保健所は、はっきり言わせて頂いて、10数年前は、ひどい状態でした。
現に私も、たった1匹の犬を救うために、3ヶ月間の期間を要しました。(とてもしっかりとした里親様が引き取ってくださる事が決まっていたにも関わらず、引き渡してもらえなかったのです、、)
その頃の岡山市保健所は、犬たちは、収容されたが最後、、、 誰かが助けに行こうとも、引き出すことは不可能だったのです。。。 
唯一、引き出しが行えるのは、元の飼い主のみ、、、という、なんとも理不尽で意味不明な状態だったんです、、、

担当職員さんたちに対し、「この人たち、どうしてここまで犬を殺したいんだろう??」と首をかしげるくらい、、、


でも、今は違います!!

犬たちを救うために一生懸命頑張って下さっている、素晴らしい職員さん方がおられ、、、、
無責任に、飼い犬を連れてくる飼い主に対しては、里親を探すように説得して下さっているようです、、、
また、犬たちにも、充分な食事が与えられ、きちんと保護中のケアをしてくださっていて、、、担当職員さん方や部署の責任者の方々には、心より、感謝感謝です、、、、

000186116.jpg
000186126.jpg
000186795.jpg
000185867.jpg







この子たちを、「家族に迎えて、責任をもって生涯を幸せにしてあげたい」という方、おられませんか??
→その場合、できれば直接、収容保健所にご連絡の上、
必要な手続きを経て、犬を家族に迎えてくだされば、一番助かります、、、
※ただの安否確認で保健所に電話することは、保健所職員さん方の業務の支障となります。 私たちボランティアが保健所の子たちを助ける活動にも支障が出てくる可能性がありますので、絶対にご遠慮ください。。。

ただし、平日引き取りに動くことが不可能で、レスキューできない方などは、ご相談ください!
私も平日は行動不可能なので、仲間にお願いして、引き出してもらうことも可能です、、、



また、私のように、ボランティアとして、引き出し、、、里親様募集をしてくださるような方はおられませんか???

収容数の多い岡山県動物愛護センターは、個人でも、ボランティア登録し、引き出すことが可能です。
ボランティア登録の条件として、飼い犬の登録や狂犬病予防注射、避妊・去勢手術を行っていること、、、
そして、保護場所の確認として、自宅の間取り図の提出と、職員さんの自宅(保護環境)確認があります。
それをクリアすれば、ボランティアとして、愛護センターの子たちを引き出し、、、里親様が決まれば、次の子を引き出し、、、という形で、レスキューすることができます。。。




1匹1匹に命がある以上、すべての子を助けることが不可能であろうとも、1匹でも救うことに意義があると考えています。。。



これを読んでくださっているあなたも、、、

是非、私達ボランティアとご一緒に、、、この子たちを救いませんか???









苦しい、炭酸ガスでの殺処分を目前に、、、助けを求めている犬猫たちが、たくさんいます。

犬猫を迎えられるときには、是非、私のような愛護活動をしているボランティア、もしくは保健所から、お迎え下さい!!!
(ペットショップで売られている犬猫は、犬猫繁殖業者やブリーダーにより、メス犬・猫に次々と無理な妊娠・出産を強いて、商品として製造されています。 
買う人がいるから、また次々と繁殖用に飼育され、妊娠を強いられ産まされて、、、そして子供が産まれても、すぐに引き離されていくのです。。。とても残酷な事だと思いませんか??

わざわざ産ませなくても、飼い主に捨てられ、殺処分を目前にし、助けを求めている犬たちは、たくさんいます。。。)

ペットショップで犬猫を買われる方には、是非、そのことを、教えてあげて下さい。。。



↓岡山市保健所、倉敷市保健所、岡山県保健所(岡山県動物愛護センター)の、現在の、犬の収容情報です↓
岡山市保健所
倉敷市保健所
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)







br_decobanner_20091130164710.gif
☆ランキングに参加しています。ランキングが上がれば、良い里親様との出会いの可能性も高まります。。。 1匹でも多くの命を救うため、ポチっとのご協力をいただけたら、幸いです。。。
スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック