岡山で、元捨て犬である2匹のわんこと、保護犬猫たちたくさんに囲まれて暮らしています☆  22年前から、犬猫の保護&里親さま探しのボランティアをやっています。 保護犬猫の里親様募集がメインですが、たまに、愛する我が家のわんこの事も綴っていきます♪ 
毛皮反対!!!!  署名にご協力下さい!!
2012年01月16日 (月) | 編集 |
先日も記事にしたのですが、、、

ただのファッションのためだけに、無惨に、無意味に、しかも苦しみながら殺されている動物たちがいます。。。


以前から毛皮反対を訴えられ続けられている動物福祉団体、アニマルライツセンターさんで、現在、毛皮反対の署名活動をされています。

WEB署名も可能です。(所要時間30秒~1分ほど)


人間の、「ただの欲」の犠牲になる動物たちを、「毛皮反対の署名」という形で、ご一緒に、助けて頂けませんか??



ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。。。




以下、アニマルライツセンターさんからの署名依頼メール記事の転載です。

「日本国内の、 毛皮のために殺される 動物を救おう!署名にご協力ください。
http://www.no-fur.org/campaign/detail/banfurfarming.html

日本国内にも、まだ毛皮のために殺される動物が存在することを、知っていますか?
その実態は闇に包まれています。
国内の飼育施設は縮小の一途をたどっており、今は、推定7つの毛皮動物飼育施設があるとされています。
少なくなっていますが、今でも、ファッションのために、狭い檻に一生閉じ込められ、殺される動物がごく近くにいることは事実です。


一日も早く、ファッションのために苦しみ殺される動物を、日本国内からなくしましょう。

【要望内容】毛皮を取得のための動物飼育施設の閉鎖と禁止を求めます。
1:動物飼育施設の現状の把握:毛皮のための動物飼育は、畜産業に属するものの、畜産業がかかわる法律からも愛護動物にかかわる法律からも漏れており、現状の把握が難しい状態にあります。と殺方法、飼育状況、飼育頭数等の調査とその公開を求めます。
2:動物飼育施設の閉鎖:毛皮取得のための動物飼育を禁止し、全ての国内毛皮動物飼育場を閉鎖させてください。

■PDFでダウンロードし印刷して署名集めにご協力を!
http://www.no-fur.org/files/user/img/campaign/sign_fur.pdf
署名送付先:NPO 法人アニマルライツセンター 143-0016 東京都大田区大森北4-18-13 第二伊藤ビル201

■WEB署名をネット上で広めてください!
https://no-fur.homepagine.com/sign/form/

署名締切日:2012 年 9 月30 日」









br_decobanner_20091130164710.gif
☆ランキングに参加しています。ランキングが上がれば、良い里親様との出会いの可能性も高まります。。。 1匹でも多くの命を救うため、ポチっとのご協力をいただけたら、幸いです。。。



スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック