岡山で、元捨て犬である2匹のわんこと、保護犬猫たちたくさんに囲まれて暮らしています☆  22年前から、犬猫の保護&里親さま探しのボランティアをやっています。 保護犬猫の里親様募集がメインですが、たまに、愛する我が家のわんこの事も綴っていきます♪ 
玉野市の虐待飼育現場、救出の日のご報告。
2010年07月30日 (金) | 編集 |
玉野の虐待飼育現場の子たちの救出から、すでに1週間、、、

毎日、多忙極まりなく、フラフラになりながら、色々な用事をこなしていっています、、、

7/23に行った救出活動の、ご報告です、、、
現場の子たちをご心配くださっていた皆様、、、ご報告が遅くなってしまいまして、ごめんなさい!!!!!!





23日の16時から開始した救出活動。。。
暑くて汗ダラダラの中、私が所属する会の代表者のFさんと、警察犬の訓練士の先生お2人、私の友人のNさん、それに私の計5人で挑みました。

首から膿を流し、傷んだ首の周りにハエがたかる、首吊り状態の悲惨な秋田犬。。。
溜まりに溜まったストレス+恐怖感から、犬歯をむき出して、うなり吠えるダルメシアン。
そして、激しく吠えるダルメシアンのその直ぐ隣には、ゴミに埋もれたラティス枠の中に、2匹のウサギ。
そして、道路から比較的見やすい場所にいる2匹の秋田犬。

そこまでは、下見で把握していた通りでした…が、見るもの全てが大量のゴミに埋め尽くされた中、、、
よくよく確認すると、さらに、狭いゲージに入れられたウサギ1匹と、真緑色の水槽にカメ2匹を発見しました。
保護を必要とする子が、急遽、増えてしまったのです。
「保護場所がない、、、どうしよう、、、」と、一瞬唖然としてしまいました、、、

でも、何よりも、今すぐこの場所から出してやらなければ。。。


そもそも、大型犬たちについては、繋がれたロープから、普通の首輪に付け替え、車へと移動するだけでも一苦労。

訓練士さんが同行して下さったお陰で、恐怖で危険な状態の大型犬の首輪の付け替えを、私達でせずに済みましたが、そうでなければ、到底無理な緊迫した状況でした。(何分、4匹とも、怪我をしていて、、、心身ともに極限の状態です、、、1匹の秋田犬以外は、吠えついたり、唸ったりしていたので、首輪の付け替え作業だけでも大変で、、、)
でも、そこはさすがに訓練士さんのプロの技!!
恐怖心から、うなり吠え、私では手さえも出せなかったダルメシアンが、先生の一喝で、静かに従順になり、体を触らせたのです。。。

そして、私達の気持ちが伝わり始め、犬達は、少しづつ心を許し、甘え初めてくれました。

とは言うものの、今度は、保護動物たち全てを車に乗せるのが、これまた一苦労。
何分、大型犬4匹、ウサギ3匹、亀2匹もいるのです、、、


Fさんがお世話になっている近くの動物病院に運ぶため、10分ほど移動しただけなのですが、、、
大型犬2匹は、すぐに車内で水下痢をしてしまいました。。。

病院に着き、すぐさま傷の応急処置と、これから必要な治療の確認、年齢や性別の確認などを、順々に済ませました。 ひどく汚れ、怪我をしている4匹です。。。 でも、その皮膚の状態を確認しようにも、強烈な毛玉に覆われていて。。。。。。 その毛を刈り取る為に、病院の業務用バリカンの歯を三回交換する程の、本当に悲惨な状態でした。

さらに、ウサギについては、キャリーの中ですでに血尿をしていて、、、
ウサギは、そこの動物病院では見て頂けないし、それに、ショートステイさんのお宅が総社で、、、
急きょ、2匹→3匹に変更になったため、ショートステイさんにも電話でご無理をお願いし、2軒に分けて、保護して頂くことに。。。
犬の事で身動きが取れない私に代わり、私の友人のNさんに総社までの運搬をお願いし、その後、ショートステイさんが、総社の動物病院に運んでくださいました、、、


そんなこんなで、慌ただしい数時間が過ぎ、治療を終えた後、解散。。。


良く吠える子から順に2匹を、泣き声を気にする必要がない我が家で保護することになり、、、

ダルメシアンと、異臭の漂うゴマ柄の秋田犬を連れ、やっと我が家にたどり着いたのは、もう暗くなる時間でした、、、

首の怪我が一番ひどく、化膿してたくさんの膿が出ている秋田犬と、人なつこく、比較的軽傷の秋田犬は、保護場所がないため、訓練士さんに預かって頂いています。 
動物病院への通院やトリミングなどは、Fさんが、他にもたくさんの保護犬猫がいて大変な状況の中、頑張って行ってくださっています、、、

ウサギ3匹の内1匹は、私から犬をもらってくださった里親のO様が、ショートステイをお引き受け下さいました。後の2匹は、Oさまのお友達で、ウサギを飼われた経験と知識のあるT様に、急きょお願いさせて頂きました。

お忙しい中、ウサギのショートステイをお引き受け下さったお二方のお陰で、本当に助かりました。 有難うございます。

その後、ウサギたちは、3匹ともO様の方でお世話して頂いています。。。


そしてカメ2匹は、救助活動を手伝ってくれた友人が連れて帰ってくれ、現在も預かってくれています。。。




159_20100730124236.jpg
☆警察犬訓練士の先生2名、私が所属する会の代表者Fさん、私の友人Nさん、そして私の、計5人で、救出活動を開始しました!
この子は、一番怪我のひどい子です。 きつく縛られていたロープで首が切れ、怪我をし、化膿しています、、、
救助に行った時は、とてもしんどそうに、横たわっていました。。。


142_20100730124237.jpg
☆気力、体力ともに限界を超えた状況の中、、、
救出のこの日まで、何とか頑張ってくれました。。。。。


153_20100730124236.jpg
☆ひどい、首の怪我です、、、 化膿し、異臭が漂っています、、、
この子、とても穏やかな性格の子なのに、、、
ロープがとても痛そうで、ロープを触ると唸り声を出していました、、、


151.jpg
☆これが虐待でないならば、何を虐待と呼ぶのでしょう、、、


188 - コピー
☆痛みで唸る秋田犬を、怖がることなく扱う、訓練士の先生方、、、 さすがです!!!!
訓練士さんに、この日の救助活動を助けてもらうようお願いしてくれた仲間のFさんの、その判断も、ベテランならでは、です。。。
私たち、女性のボランティア3名だけでは、どうにもならなかったかもしれません、、、


238 - コピー
☆訓練士の先生方、最初は唸っていた秋田犬を、軽々と扱っています、、、


167.jpg
☆一番手ごわい、ダルメシアンです。(当初、ダルメシアンかポインターかの区別がつかなかったのですが、、、この後の病院で、ダルメシアンだと確認しました。)
この子、私たちに、唸り、激しく吠えついてきて、、、
保護活動に慣れている私でも、怖くて触ることが出来ませんでした、、、


171 - コピー
☆訓練士の先生の一喝で、、、


176.jpg
☆すぐに従順になりました。。。 この時は、本当にびっくりでした。。。
"何???? 今のは魔法???? 訓練士さんって、カッコいい~!!"と、友人と絶賛!!!!!


177.jpg
☆すぐにこんなに穏やかなお顔になりました!!


184.jpg
☆これまた、訓練士の先生が、軽々と移動させてくださいました。。。


228.jpg
☆ついさっきまで、唸り、吠えついてきていたダルメシアンが、私でも触れるほど穏やかになりました。。。


229.jpg
☆比較的マシな状態だった、ゴミの外側に繋がれていた、2匹の秋田犬です。
この子たちは性格も穏やかで。。。
あまり苦労することなく、保護することが出来ました。


186.jpg
☆約束通り、助けに来たからねっ!!!


246 - コピー
☆犬たちの救助が済み(この時点では、まだウサギたちが残っていました。)ひとまず犬たちを動物病院に運ぶことになりました。
一番大変な大型犬たちを救助でき、ちょっと一息、、、
一番怪我のひどかった秋田犬に、"助けに来たんだよ~。もう大丈夫だからね~。"と、声をかけると、、、 飛びついてきて、私に甘えてくれました。。。 


250 - コピー
☆秋田犬、ペロペロと私の顔を舐め、喜んでいます、、、
きっと、心からホッとしたのだと思います。。。


183.jpg
☆犬たちの救助の次は、ウサギとカメです。
この写真に写っているラティスの囲いの中に、ウサギ2匹がいたのですが、、、
ラティスには隙間はあるものの、うさぎまでは全く届かず、、、 周囲は全てゴミの山、、、
ラティスの囲いを開けることさえも出来ません、、、
私以外のみんなが、犬を連れて動物病院へ行ってくれたあと、ウサギたちの救助に残った私ですが、、、
何せこのゴミの山、、、 どうやっても開かないラティスの囲いを目の前に、本当なら途方に暮れてしまうところですが、、、  そんな暇はないっ!!!
周り中のごみをどんどん取り除き、ラティスを無理やり持ち上げ、ゴミのオイル缶を挟み込み、人一人がようやく入れる隙間を作り、もぐりこみました。。。(この缶が外れてしまったら、私がこのゴミの中に生き埋め????なーんて考えながら、です、、、)   そしてようやく2匹のウサギを救助☆☆☆


223.jpg
☆そしてさらに、当日、幸い発見できた、ゴミの山に埋もれていたゲージの中から、ウサギ1匹を保護。


227.jpg
☆ウサギのゲージの隣には、汚れきった緑の水が入った水槽が、、、
救助活動の途中に、何やらカタカタという音が聞こえ、、、
確認してみると、2匹の亀が入れられていました。。。


224.jpg
☆私は亀には詳しくないので、亀たちにどれくらい感情があるのかは未知なのですが、、、
"僕たちもいるんだよ~!! ここだよ~!! 助けてよ~!!"と、もがいていたのかもしれません。。。


298.jpg
☆動物病院に到着し、次々と、治療開始です!!
この子は、首の怪我が一番ひどい秋田犬です。。。


308.jpg
☆首の怪我がひどく、周囲の毛が膿で汚れ、異臭が漂い、大変不潔な状態です、、、
まずは首の毛を刈ってから、治療開始です!!

318.jpg
☆こんな状態にした飼い主が、本当に憎い!!!!

328.jpg
☆ひどい怪我のため、現在も治療中です、、、




333.jpg
☆この子は、ゴミ山の外に繋がれていた秋田犬です。
毛が汚れきっていて、あり得ないほどの毛玉?に覆われています、、、

338.jpg
☆この子、足と背部に怪我がありました。 足の怪我は、骨折後、自然治癒したものではないか?との事。
背部の怪我は、やはり、繋がれていたロープによるもののようです、、、

353 - コピー
☆毛の汚れがひどく、皮膚病の有無さえも確認できません、、、
まずは、大まかに毛をカットして頂いてからの、診察です。。。

357.jpg
☆羊かと見違える程の、すごい量の毛です、、、
業務用バリカンが次々と使えなくなり、交換してくださっていました。

秋田犬は、そもそも暑いのが苦手な犬種、、、
それなのに、この毛、、、 例えるなら、ウール100%のセーターを5枚くらい着せられ、炎天下の中、動けなくされていたような、、、 そんな状況だったのです、、、




267.jpg
☆この子は、ゴミ山の外に繋がれていた、ゴマ柄の秋田犬です。
この子も、一部の毛玉だけはとって頂き、診察して頂きました、、、

274_20100730131225.jpg
☆"一部の毛玉"と言っても、この量です、、、
この子、診察時には怪我が見つけられなかったのですが、、、
我が家に帰ってからよく見てやると、やはり、首に、ロープの怪我があり、化膿していました、、、
現在抗生剤を飲ませ、治療しています、、、




289.jpg
☆この子は、ダルメシアンです。
この子も、首に怪我を負っています、、、

292.jpg
☆この子の怪我は、そうひどくなく、一番軽傷でした、、、




治療の結果、4匹中4匹すべてが負傷している状態で、、、

おまけに、ひどい水下痢の状態です、、、

何度も言いますが、これでも、飼い主が、動物虐待として動物愛護管理法違反で検挙される事がないなんて、、、

日本は、法治国家で、先進国であるはずなのに、、、

こんな行政、「人間さえも野垂れ死にしていて、動物の事までには目を向けられない、"発展途上国"並みじゃないの?????」と思うのは、きっと私だけではないと思います。。。



4匹の大型犬と、ウサギ2匹(3匹のうち1匹は、明日、お見合い予定が入り、決まりそうです☆)、そして亀1匹(ミドリガメ1匹。在来種のもう1匹は、安全などこかの池を探し、放してやる予定です。 )の里親様募集中なのですが、詳細はまた後日、時間を作り、記事にさせて頂きます!!!!!
(今日は訓練校のお休みの日で、、、朝から犬たちのお世話や投薬などに追われています。これから、ゴマ柄秋田くんと、我が家の皮膚アレルギー犬くるるのシャンプー、、、それが終わればお散歩等々、、、と、何分大忙しなのです、、、)





※最後になりましたが、里親のきゃらママ様。
保護当日、わざわざ遠方の我が家にまで、犬用フード各種を届けて下さいました。。。
救出後、心身共にクタクタになって帰宅した私ですが、きゃらママさまの深い思いやりの気持ちに、心が温められ、いつも勇気づけられています、、、 

また、チャーボー死去に際しても、チャーボーに、お供えのお花をお送りくださいました。。。
いつもいつも、本当に、親身になってくださり、感謝しております。。。
ありがとうございます、、、



それと、いつもいつも私や我が家の子たち、そして保護犬猫を気にかけ、思いやってくださっている、宮城県の里親様、まなぐぅのお母さん、、、この度も、大量にプレミアムフードをお送りくださいました。。。
いつもいつも恐縮です、、、  ありがとうございます、、、



また、この子たちの事を心配し、募金をお送りくださっているたくさんの皆様、、、
本当に本当に、ありがとうございます。。。
募金の詳細は、後日きちんと記事にさせて頂きますが、今日現在、105,000円の募金が集まりました。(銀行口座へのお振込合計55,000円、私の方へ直接ご郵送下さった分20,000円、仲間のFさんへお渡しくださった分30,000円で、合計105,000円です。)
この子たちの最低限の治療及び避妊・去勢手術、保護費用に掛かるお金、合計約23万円を目標額としていますが、その目標額まで、あと125,000円となりました!!





たくさんの方々にご心配頂き、出来ればタイムリーなご報告をアップしたいものの、、、
母子家庭のため、私が一人で、まだ3歳の息子やたくさんの犬猫たちの生活を支えています。。。(経済的、肉体的にも)

息子や犬猫たちの目先のお世話等に追われていて、お礼や返信等、全てが後手後手になってしまう状況に、大変申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。


ご迷惑をお掛け致しますが、過酷で悲惨な状況下から、無事すべての子達を救出し、1匹残らず、日陰と清潔な水とご飯のある安心安全な場所にレスキュー出来た事を、一番のご報告とさせて頂きます。。。




☆里親様募集記事は、また後日、出させて頂きますが、、、
現段階でも、里親のお申し出は大歓迎です!!!
この子たちの今後を、幸せにしてくださる、心やさしい里親様を募集いたしております!!!!
(里親ご希望者様は、カテゴリ欄より"里親様になって頂くための条件"をよくお読みいただき、"里親ご希望者様用お問い合わせフォーム"の内容をご記載頂いたうえで、メールにてお問い合わせくださいませ。。。)  

また、秋田犬、ダルメシアンのショートステイボランティアさんも募集中です!! 医療費、食費等はこちらで負担致します。 里親様が決まるまでの数ヶ月、預かり、通院や、毎日のお世話をして頂ける方、どうぞよろしくお願いいたします。。。
→ tomossr@royal.ocn.ne.jp 西村まで。




br_decobanner_20091130164710.gif
☆ランキングに参加しています。ランキングが上がれば、良い里親様との出会いの可能性も高まります。。。 1匹でも多くの命を救うため、ポチっとのご協力をいただけたら、幸いです。。。




スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック