岡山で、元捨て犬である2匹のわんこと、保護犬猫たちたくさんに囲まれて暮らしています☆  22年前から、犬猫の保護&里親さま探しのボランティアをやっています。 保護犬猫の里親様募集がメインですが、たまに、愛する我が家のわんこの事も綴っていきます♪ 
白血病のチャーボーが、亡くなりました、、、、、
2010年07月25日 (日) | 編集 |
玉野の虐待飼育現場から救出した子たちの事を記事にしなければならないのですが、、、

その前に、とても悲しいご報告です、、、、、、





6/27に保護したばかりの、成猫チャーボー、、、

その後、体調不良が続き、検査の結果、白血病で、しかも病状が進行してしまっている事が判明し、、、    

少し前から、2度の危篤状態を乗り越え、なんとか普通にご飯も食べてくれていたのですが、、、

一昨日、玉野の虐待飼育現場の子たち救出のその日、、、

永眠してしまいました。。。



前日夕方から、またまた何も食べられなくなり、、、

先日からの度々の危篤状態に、もう長くはないかもしれない、、、とは思っていたものの、、、

でも、まだ数ヶ月くらいは何とかもってくれるかもしれない、、、という期待も充分にありました。。。


その日は平日で、私も、学校があり、、、
玉野の子たち救出のため、午後からは休みを取っていて。。。

当日朝、しんどうそうにしていたので、"午後、玉野の虐待飼育現場の子たちを救出しに行っている間に、点滴を打ってもらおう"と思っていたのですが。。。



昼過ぎに学校を早退し、チャーボーの看病(ブドウ糖溶液を口に垂らしてやっていました。。。)&様子を見て点滴に連れていくため、一度家に戻ったところ、、、


玄関で、すでに息絶えてしまっていました、、、、、、、、、、、、、、



忙しい私だから、、、だからこそ最期くらい、側にいてやりたかった。。。

最期の時に、側にいてやれなかったことが、とても辛いし、後悔が残ります、、、

甘えん坊のチャーボー、、、    とてもとても可愛い子でした。。。。。。。

梅雨の大雨の中、何日もスーパーの前で、通行人に物乞いをしていて、、、

私が保護し、連れて帰ったら、本当に安心したように、とてもとても穏やかに、とてもとても幸せそうに、過ごしてくれていました。。。
可愛がられ、充分な食料を与えてもらえる、、、 こんな普通の事が、とても幸せそうで、、、

今まで外にいた子なのに、一度も我が家から脱走しようとする事もなく、私が声をかけるだけでゴロゴロとのどを鳴らし、いつも私の後ろをトコトコと着いて歩き、、、とてもとても幸せそうだったのです、、、


危篤になってからも、看病しながら心配そうに声をかける私に対し、しんどいのに、尻尾を振ってお返事してくれていて。。。  何だか、私の言葉を全て理解しているような、、、そんな不思議な気持ちになるような、頭の良い子でした。。。




死に目に会えなかったためか、チャーボーの死が信じられず、、、
今でもまだチャーボーが私の部屋にいるような気がします。。。



今まで、決して幸せではなかったであろうチャーボー、、、

死ぬ時くらいは、愛情に包まれて死ねるよう、神様か動物たちの魂が、私とチャーボーを出会わせた、、、


そんな気がしてなりません、、、


私ではなく、もっと時間に余裕のある人に保護されたなら、私よりは多くの時間一緒にいてくれて、一緒に寝てくれたり、もっともっと甘えられ、幸せな気持ちも倍増しただろうに、、、

私が、玉野の虐待飼育現場を知る事がなければ、チャーボーに掛けてやる時間が、今よりは多かっただろうに、、、

でも、私しか、成猫であるチャーボーを保護する人はいなかった、、、

私が関わらなければ、玉野の子たちだって、全てを救出することは不可能で、保護が間に合わず、衰弱ししていた可能性が高い、、、、、、、


捨てる人がいなければ、、、 虐待する人がいなければ、、、
私は、少数の犬猫だけに、手を掛け、愛情を掛け、お金も掛けて、幸せな生活をさせてやれるのに、、、


やってもやっても終わりなき戦いに、うんざりです、、、


でも、助けを待ってる子たちがいる、、、、、、、、


助ける人がいないなら、私が頑張るしかない、、、、、、



チャーボーの死を悲しむ私に、友人が言ってくれました。
"チャーボーは、もう満足したんだと思う。愛され、満たされ、もう満足したから、「もう僕は充分だから、次の子たちを助けてあげて、、、」という気持ちで、玉野の子たちを保護するその日に、逝ったんだと思う、、、"と。。。

本当に人間みたいに言葉の通じる不思議な子だったので、私も、そうかもしれないと思います、、、

でも、もっと、私の手を煩わせてもよかったのに、、、
もっともっと長い間、一緒にいて、愛情を注いでやりたかった。。。。。。




001_20100708063202.jpg
☆とても可愛く、そして賢い、チャーボーです。。。
いつも私にひっついてきていました、、、  私の言葉も全て理解している、、、そう感じさせる、不思議な子でした。。。


縁があり、保護してやれ、短い間だけでも私の愛情で包んでやれ、幸せな気持ちになってもらえたはず、、、
あのままスーパーの前にいたならば、きっと、スーパーの陰で、一人寂しく死んでしまうか、白血病によるひどい貧血でフラフラしていたので、交通事故にあってしまったはず、、、
我が家で看取ることが出来ただけでも、私もチャーボーも幸せだった、、、 
そう考えないと、辛すぎます。。。


いつか、天国で再会できる日が来るまで、、、、 


数十年後の再会を祈りながら、チャーボーに、そしてチャーボーと出会えたことに感謝しながら、チャーボーを、見送りました、、、、、、、、、


チャーボーを保護し、たったの1ヶ月弱で亡くなり、私にとっては辛い思いばかりする結果になってしまったけれど、、、
病気で、しかも食べるものもなく、寂しく、苦しい思いをしてきたであろうチャーボーに出会い、保護してやれたことは、とても幸せな事だと考えています。。。


チャーボー、私の元に来てくれて、本当にありがとう。。。。。。。。。。。

数多くの状態の悪い子たちを保護し、その分、たくさんの子たちの死と向き合い、見送らなければならない私だけど、、、 
みんな、私の心の中で、生き続けてくれています、、、、、











br_decobanner_20091130164710.gif
☆ランキングに参加しています。ランキングが上がれば、良い里親様との出会いの可能性も高まります。。。 1匹でも多くの命を救うため、ポチっとのご協力をいただけたら、幸いです。。。







 




スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック