岡山で、元捨て犬である2匹のわんこと、保護犬猫たちたくさんに囲まれて暮らしています☆  22年前から、犬猫の保護&里親さま探しのボランティアをやっています。 保護犬猫の里親様募集がメインですが、たまに、愛する我が家のわんこの事も綴っていきます♪ 
この子たちを助けたい!!!!!
2010年07月15日 (木) | 編集 |
玉野市の、とある場所に、いつもどこかのブリーダーから犬をもらってきては、劣悪な状態で飼育している男性がいます。

その場所は、その男性が集めてきたゴミが山積みされています。(リサイクルショップの看板を掲げていますが、意味不明。電化製品など、全てのものが、ただ単に山積みされていて、雨ざらし。。。普通の人が見ると、どう考えてもただのゴミの山、、、)

もう何年も前から、男性が、ここで、もらってきた犬を飼育するようになったようで。。。

ここしばらく、犬の気配がなかったようで、安心していたのですが、、、

昨日たまたま通る機会があり、確認してみると、何と4匹もの大型犬が。。。。。

秋田犬3匹に、ダルメシアン(もしくはポインター)1匹の、計4匹の犬たちが、雨に打たれ、悲壮な顔でたたずんでいました。。。。。


短いロープでつながれ(犬によっては、40センチくらいの長さ。首をさげて餌を食べるのがやっとの長さなのです。)
身動きをとることが出来ず、雨を避けることも出来ず、、、
夏は暑い太陽から逃れる事も出来ず、冬は、寒さから身を守ることも出来ず。。。
当然のことながら、毛はボロボロの毛玉の団子だらけで、まるで、ボロ雑巾。。。

そんな犬たちを見て、引き取りたいと申し出る心優しい人がたまにはいて。。。

すると、そんなボロボロの状態の犬を、数千円(いつも大体5000円くらい)で、販売するのです。。。

私の所属する会の代表者、Fさんも、何度か、お金を出して、ここの犬たちを救出するため、買い取りました。

もう本当にひどい状態の子たちばかりなので、保護後は、トリミング代、膨大な治療費(駆虫やフィラリア予防などももちろん行っていないし、劣悪な環境のため、皮膚病になっている子も多いのです。。。)
を掛け、里親様募集を行うわけです。。。

Fさんは、そうやって、今まで何匹も、ここの場所の子たちを救ってきたのです。。。

でも、いたちごっこ。。。 

男性は、またすぐに次の子を連れてくるのです。。。

この数年間の間に、このゴミの山で、2回も火災が起き、そのときにいた犬たちは焼け死んだそうです。。。
ひどい、、、、、、、、、、、、




そもそも、動物の販売を行うには、“動物取扱業”の許可を受けなければなりません。

でも、その男性は、その許可も取っておらず、、、

もちろん、Fさんが、保健所には何度となく訴えました!!

幸い、玉野市の管轄保健所は、岡山県保健所(岡山県動物愛護センター) 岡山県保健所には、犬猫を助けたい、という気持ちを持った職員の方も、数名いらっしゃり、何かとご協力下さる事もあり、助かっています。。。(岡山市の保健所は、犬猫の命を救いたいなんて気持ちは更々ない職員の人たちが、古株で君臨しているので、まるでお話にならないのですが。。。)


にも関わらず、保健所として男性に出来る事は、動物取扱業を取得するように注意することくらいだそうで、何度か男性に指導には行ってくださいましたが、何一つとして変わることはなく、、、、、

殴ったり、蹴ったりという、明らかな虐待行為があり、その証拠がつかめたなら、虐待容疑で動物愛護法違反の取り締まりも出来るそうなのですが、、、
この男性のように、"劣悪な環境で飼育している"というだけでは、保健所も、どうすることもできない、、、というのです。。。。



そんなバカな、、、、、、、、、、、

明らかに、この飼育方法は虐待にあたるのに、それを、行政は、どうすることも出来ないなんて、、、、、、、、、



個人でいくら救済したって、いたちごっこ。。。 1匹買い取れば、また次を連れてきて、、、 それがエンドレスに続くのです。。。



どうにかしたい!!!!!!!!!!!!

この子たちを助けたい!!!!!!!!!!!!!

この子たちだけならば、数万円のお金を出せば、きっと助けることはできるのだけど、それではまたいたちごっこで次の犠牲者(犬)が出るだけ、、、  根本的に解決しなければ、意味がない!!!!!!



行政が動いてくれないのなら、自分たちでどうにかするしかない!!!!!!!!!!!!!!


そもそも、この男性に、不要になった犬(ブリーダーは、商売にならなくなった犬を、簡単に保健所にやったり捨てたりするケースが非常に多いのです。)を引き渡している、ブリーダーの責任も重大です。
そのブリーダーを調べて、男性への引き渡しはもちろん、遺棄、保健所への持ち込みなどの事実があれば、やめさせたい!!!
そして、この男性が、これ以上犬を飼育しないようにさせたい!!!

それで、今いる4匹の子たちを、どうにか救い出して、それでこの問題にケリをつけたい!!!!!!!



私が考えるのに、これはもう、個人や小さなボランティア団体の力では、どうにもならない域です。。。
こうなったら、最後の手段はマスコミの力をお借りするしかないと思うのです。。。

マスコミが動いてくれれば、一般市民の声も高まり、行政も動かざるを得なくなる。。。

マスコミが動いてくれれば、この男性に犬を引き渡しているブリーダーも世間の目にさらされ、業務を縮小するかもしれない。=遺棄同様の譲渡や、保健所への連れ込みなどをする確率が減る。

マスコミが動いてくれれば、その男性も、多少は近所の厳しい目などを嫌い、犬を連れて来づらくなる、、、

マスコミが動いてくれれば、この子たちを救出できた際にも、里親様さがしがしやすくなる。。。(今の現状では、大型犬4匹ともなると、保護スペースさえもありません。。。 現状で、我が家で保護出来るのは、無理しても2匹が限界。 仲間のFさんのお宅は、すでに保護っ子たちで満員状態で、これ以上保護することは不可能なのです。。。他に保護出来るスペースがないのが現状です。。。)



私には報道関係者の“つて”がありません。。。(10年以上前、今の数倍くらいの活動をしていた時期は、テレビの取材などもあり、報道関係者のつてもあったのですが、今は全くなくて、、、)

こうなったら、一から、テレビ局へのメールなどでお願いするしかない!!!



私、今週末までは、恐ろしいほどの過密スケジュールで。。。
(週末にはパソコンの試験があり、現在追い込み中。。。 それに、子供の保育園の行事や、今保護しているサンゴくんを大阪の里親様のお宅まで連れていく予定などなどで、もう目いっぱいなのです。)



来週頭から、勇気と力を振り絞り、動いてみます!!!!!




PAP_0003.jpg
☆外には、2匹の秋田犬が繋がれています。 昨日は雨の中、雨を避けることも出来ず、ぬかるみの上に立ち、悲壮な目をして耐えていました。。。  もう2匹の犬は、写真が撮れていないのですが、緑のネットの向こう側、ゴミのやまの中にいました


PAP_0004.jpg
☆持っていたドライフードを与えると、4匹とも、おいしそうにペロッと平らげました、、、
見るに見かねて、たまに餌を持ってきてくださる人もいるようです。。。


PAP_0005.jpg
☆昨日はカメラを持っていなくて、携帯での撮影なので画像が悪いのですが、、、
秋田犬は短毛種なのに、3匹とも、恐ろしいほど毛玉だらけで、、、、、、、、、、、、、
本当にボロ雑巾のようです。。。 "かわいそう"という気持ちが、メラメラと、男性への怒りと、“この子たちを絶対に救い出す!!”という勇気に変わりました。。。







br_decobanner_20091130164710.gif
☆ランキングに参加しています。ランキングが上がれば、良い里親様との出会いの可能性も高まります。。。 1匹でも多くの命を救うため、ポチっとのご協力をいただけたら、幸いです。。。




スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック