FC2ブログ
岡山で、元捨て犬である2匹のわんこと、保護犬猫たちたくさんに囲まれて暮らしています☆  25年前から、犬猫の保護&里親さま探しのボランティアをやっています。 保護犬猫の里親様募集がメインですが、たまに、愛する我が家のわんこの事も綴っていきます♪ 
愛する我が家のわんこたち 幸子編
2009年06月30日 (火) | 編集 |
我が家には、今まで300匹以上保護した中で、里親さんにもらわれなかったり、出戻りになってしまい、結果として我が家のわんこになった犬が、現在6匹います

たくさんの犬たちを保護しても、健康上&性格上、大きな問題のない子については、すべて里親様にもらっていただいているので、それでも我が家に残ってしまったわんこたちというのは、それぞれに、いろいろな事情を経て、私の家族になった子たちばかりです。。。(1匹1匹、ドラマが作れそうだなぁ、なんて思います。。。)

1度にはご紹介しきれないので、古株順でご紹介していきたいと思います。。。

今日ご紹介するのは、一番の古株、さちこです!!!

現在15歳の女の子。 平成7年に、岡山の、捨て犬猫のメッカ、××山にて、成犬で保護。(ノラ軍団の一員でした)この子は私が14年前に保護活動を始めてから第一号の、”成犬の保護”でした。

そもそも、幸子を保護したきっかけは、"野良犬であった幸子が、勝手に私の車に乗り込んできて、降りてくれなかったから"なのです。。。  1週間に一度は必ず、幸子たちがいた野良犬軍団の世話に行っていた私、、、 幸子は、山で、捨て犬である母犬が産んだ子だそうなので、人に飼われた経験もないはずなのに、、、なぜか、自ら私の車に乗り込んで来て、、、 しかもいくら言っても、降りてくれなくて。。。
幸子のその熱意に、負けました。。。(笑)

当時、”子犬はともかく、成犬なんかに里親さんが見つかる訳はない”と決めつけていた私は、この子の里親探しはせず、すんなりとうちの子に、、、里親さん募集をしないままにうちの子になった子は、この子だけなんですよ~。  我が家の6匹の中で、一番の古株です☆

めちゃめちゃ頭が良くて、この子、本当に犬?? 犬の姿をした人間なのでは??と思う程。。。 我が家の犬たちのリーダーで、家族を守ってくれています。
我が家の犬が3匹だった頃までは、放浪癖のある私+さちこたち3匹で、一緒によくキャンプ旅をしました~。北海道2回(合計6ヶ月程)、石垣島生活2年、、、と、北から南へ、、、常に私と行動を共にし、家族を守ってくれる、良きパートナーです。

そんな幸子は、去年の年末頃から、体調不良が続いています。心臓弁膜症と、ひどい腎不全、それにともなって、これまたひどい貧血状態で、毎日の投薬が欠かせません。 それに加え、1週間前から、ひどいふらつきが始まり、”いよいよ最期か???”と、慌てて病院に運んだところ、”老犬に多い、脳の炎症”との事。。。”1~2週間でかなりよくなります。”との事だったので、ほっと一安心。。。胸をなでおろしたのですが、1週間たった今日、またまた病院に行ってきたのですが、まだ段差でのふらつき、食欲低下が続いていています。。。転倒して骨折や目の損傷を受ける危険性があるため、今は家の中でゲージ暮らしをしてもらっています。
トイレのための短い散歩も、転倒の危険性を配慮して、ハーネスで半分体を持ち上げながら。。。 今は半介護状態です。。。 早く良くなってくれると良いのですが。。。

まだまだ、ずっとずっと、一緒に暮らしたい。。。母である私の、心からの切実な願いです。

061.jpg
現在の幸子。 病弱で、ゲージ暮らしです。。。 半年ほど前までは、年齢を全く感じさせない健康優良児だったのに、、、(涙)
025_20090630021351.jpg
8年前くらいの写真で、ちょっと画像が悪くてごめんなさい!!! 一番手前の赤いバンダナの子が幸子です☆  幸子は立派な旅犬でした!! テントを守る姿、凛々しいでしょ♪
037.jpg
☆これまた旅中の写真。 飼い犬が6匹になってしまっている今では不可能な、わんことのテント生活。。。 さちこの"楽しい記憶"の中にも、刻み込まれていたら嬉しいなっ。。。






※長年我が家の犬たちと保護犬たちの、リーダー&教育掛りをしてくれていた幸子ですが。。。
長期間に及ぶ介護生活の末、2010.11.15、私の腕に抱かれ、永遠の眠りにつきました。。。

心臓弁膜症の持病はあったものの、最期は老衰でした。。。
享年16歳。 幸子、本当によく頑張ってくれました。。。 最期まで、本当に何かと親孝行な子でした。。。

もっともっと、ずっと一緒に、生きていたかった、、、、

全ての命には、必ず終わりがある。。。。。
その、つらい現実を受け入れるしかありません、、、

でも、幸子はきっと、魂となり、先だったハナちゃんたちと共に、今も私たち家族を見守ってくれているであろう、、、 そう確信しています。。。







スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック