岡山で、元捨て犬である2匹のわんこと、保護犬猫たちたくさんに囲まれて暮らしています☆  22年前から、犬猫の保護&里親さま探しのボランティアをやっています。 保護犬猫の里親様募集がメインですが、たまに、愛する我が家のわんこの事も綴っていきます♪ 
イノシシ罠地域の野良犬まこちゃん、里親様を募集します☆彡
2017年02月22日 (水) | 編集 |
20匹以上の野良犬が暮らす、イノシシ罠地域のレスキュー作戦、、、
私と仲間のボランティアさんとで仔犬合計12匹と母犬1匹(今回里親様募集のまこちゃん)を保護しましたが、、、、
その後の活動が、止まっています。

というより、岡山県動物愛護センターの圧力により、止められています。

雌犬だけでも10匹以上はいて、その子たちが年に2回出産、、、
1匹あたり1年間に8~10匹の子を産んでいます(健康状態が悪いため、この程度のようです) 
10匹×8~10頭で、1年間で80~100頭の子犬が産まれてしまう計算になります。
少数の仲間&限られた募金では、そんなにたくさんの子たちの保護は不可能です。

早急に避妊をすすめなければどんどん問題が大きくなるため、、、、
とにかく雌犬の避妊と、間に合わずに産まれてしまった仔犬の保護&里親様募集をしていこうと計画していたのですが、、、、

岡山県動物愛護センターから、“保護した雌犬を、避妊手術だけして元の場所に戻すことは許されない、捕まえたらそのまま里親を探すか行政に引き渡すように、、、 センターの意向に従わなければ、ボランティア登録を抹消する”と言われました。


いやいや、、、、
全く人馴れしていない野犬に、そうそう簡単に里親様が決まると思いますか???


そもそも、少人数の仲間たちは、すでに何匹もの子たちを保護していて、もう手一杯。。。
避妊のために保護した雌犬を、避妊前後の数日間保護する場所さえなく、困っている状況ですよ。


そして、行政に引き渡したところで、行政が本気で里親募集のための努力をしてくれるというのでしょうか??

この際ハッキリと事実を言わせて頂きますが、岡山県動物愛護センターなんて、いつも上から目線で、「ボランティアに助けさせてやっている」という態度ですよ。(少なくとも、私や周囲の親しいボランティアさんたちはそう感じています)
結局は、行政ではなく、ボランティアの負担が増えるだけ、、、
命を盾にされ、身を粉にして頑張っているボランティアさんたちが、さらに自己犠牲と並々ならぬ苦労を強いられるだけなんです。

お役人の方々は、業務時間の範囲内で無理なくできることをするだけ、、、、
ご自身の身銭を切るわけでもなくご自身の休日をこの子達を救うために費やすでもなく、、、、   
それでよくこんなことが言えたもんです。




そうこうしている間にも、現実に、次々と雌犬は妊娠・出産しています、、、
3週間前には、地域の方から、1匹の母犬が山で数匹の仔犬を産んでいるようだと連絡があり、、、、
また、もう1匹、近日中に出産予定であろうお腹が張った母犬もいるとのこと、、、、


イノシシ罠地域の子たちは、皮膚病持ちなど健康状態が悪いため、仔犬の保護や治療・里親様探しだけでも、私たちボランティアの力では手一杯。
我が家で保護中のアカラスの子犬たちだけで、もうかれこれ4万円以上の医療費と、3万円以上のミルクやフード,ペットシート等の保護経費がかかっています。

全てを保護して里親様募集することは現状では不可能だけど、せめて仔犬の保護&里親様募集および、雌犬の避妊(避妊後は元の場所に戻さざるを得ません)だけでも大至急進めていかなければ、どんどん問題が拡大していく、、、、、
そう考えて、雌犬の避妊を計画していたのに、、、、


本来ならば、成犬も含め、保護した子たちすべてに里親様を探したいですよ。そんな事、当然です。

でもね、これ以上、どこに保護する場所があり、どこにお世話をしてくれる人がいるというのでしょう???


人馴れした子犬でさえも既に飽和状態で、里親様決定に時間が掛かっているというのに、、、、
人馴れしていない野良の成犬に、、、、 しかも命の期限を区切らない私たちが里親様募集をして、そんなに次々と里親様が決まると思いますか?? 


何度も言いますが、雌犬だけで10匹以上いるんです。
1匹の雌犬が平均4~5匹子犬を産んだとすると、1年に2回、、、 合計で年間80~100匹の仔犬が産まれるんですよ。

仔犬たちの里親様募集と、雌犬の避妊を進めていくことだけでも、私たち仕事も家庭もある個人のボランティアでは、いっぱいいっぱいなんです。


ちなみに、飼い犬であれば、係留や狂犬病注射が義務付けられていますが、、、、
所有者のいない野良犬たちを飼い主でもない私たちボランティアが保護しなければならない法律など、どこにもありません。

むしろ、狂犬病予防法と動物愛護管理法では、私たちボランティアではなく行政に、所有者のいない野良犬を抑留し里親様を探す努力をするように義務付けられています。




ただ、本当にそれで私がボランティア登録を抹消されたならば、今後、救えるであろう命さえも救えなくなります。
今回の岡山県動物愛護センターからの理不尽な要求にはかなり憤っているのですが、、、、
辛くて苦しいのは、私よりも、殺される子たちです。





そのような事情から、避妊のために保護し、その後は元の場所に戻す予定であった、まこちゃん。。。
現在も、知人に無理をお願いし、預かってもらっています。
この子を元の場所に戻すと私のボランティア登録は抹消されるらしいので、、、、
里親様を募集しなければなりません。


そして、私の手が空いた時には、まこちゃんも引き取らなきゃいけないので、、、、、
キャパはもうすでにいっぱいで、今後、子犬の保護は、少数しかできません。

次々産まれ、数が増え続けているイノシシ罠地域の子たち、、、、
不幸な命が増えるのを防ごうとしている私たちの活動を妨害する岡山県動物愛護センターは、どう責任を取ってくださるのでしょうか??

避妊を妨害するならば、行政の方で、産まれてくる多数の命に責任を持つべきでは??????




sss_20170222062127f32.jpg
★イノシシ罠地域の子たちです。 
イノシシ罠で片足か切断されている子や、現在もまだ罠のワイヤーがついたままの子もいます。 疥癬やアカラスなどの皮膚病も蔓延しているので、毛がハゲハゲの子や、搔きすぎて皮膚から出血している子たちも多数います。
 ★イノシシ罠地域の記事はこちらをクリック★



IMG_2576_20170222061542cf1.jpg
★里親様募集のまこちゃんです。

IMG_2575_20170222061541d81.jpg
★優しい性格の女の子です。

IMG_2747 - コピー
★「私、まだ人間が恐ろしくてたまらないの、、、」という表情ですね、、、

IMG_2748 - コピー - コピー
★最初はケージ内で固まっていたまこちゃんですが、、、、徐々に室内を探索する余裕が出てきました。




★野犬のまこちゃんの里親様募集の詳細★

■推定5〜7歳前後の女の子
■体重13~15キロくらい
■避妊手術済み、内部および外部寄生虫駆除済み
■フィラリア陽性(現在のところ、咳き込みなどの症状はありません)
※フィラリア陽性の子の場合は、夏場だけではなく、通年、月一回のフィラリア予防薬の投与が必要です。
■まこちゃん、今まで野良犬として暮らしてきたので、人慣れしていません。攻撃性はなく、とても臆病です。脱走の危険性が高いため、必ず室内で、しっかりと脱走対策をし、飼育していただく必要があります。お散歩に行くにも訓練が必要ですので、根気よく、愛情をかけ続けてくださる里親様を募集しております。
■保護場所がないため、現在は知人に無理をお願いし、預かってもらっています。知人宅では留守の際にはケージ、在宅している時には室内フリーにしてくださっています。最初はケージ内で固まっていたまこちゃんですが、現在は室内を探索するゆとりも出てきたようです。お気に入りの場所もあり、トイレの場所も大体決まってきています。



お問い合わせ、里親お申込みは、tomossr@royal.ocn.ne.jp 西村までお願いします。

里親ご希望者様につきましては、まず、里親様になって頂くための条件をお読み頂き、条件を満たされているかどうかをご確認下さい。その上で、メールには、お問い合わせフォームの内容を必ずご記載頂き、お問い合わせくださいますよう、お願いいたします。。。









苦しい、炭酸ガスでの殺処分を目前に、、、助けを求めている犬猫たちが、たくさんいます。

犬猫を迎えられるときには、是非、私のような愛護活動をしているボランティア、もしくは保健所から、お迎え下さい!!!

ペットショップで売られている犬猫は、犬猫繁殖業者やブリーダーにより、メス犬・猫に次々と無理な妊娠・出産を強いて、商品として製造されています。
繁殖用のメス犬は、上半身を固定され、逃げられない状態にされ、交尾させられます。こんな動物虐待を行う必要性、あると思いますか??? 許されてよい行為だと思われますか???

買う人がいるから、また次々と繁殖用に飼育され、妊娠を強いられ産まされて、、、そして子供が産まれても、すぐに引き離されていくのです。。。とても残酷な事だと思いませんか??
そんな無理やり繁殖させられた犬猫たちを買う人々も同罪であることに、みなさん、どうか、気付いて下さい、、、、
そして、次に犬猫を迎え入れるときには、是非、保健所やボランティアから、お迎えください。


無理に産ませなくても、、、飼い主に捨てられ、殺処分を目前にし、助けを求めている犬たちは、たくさんいます。。。

ペットショップで犬猫を買われる方には、是非、そのことを、教えてあげて下さい。。。


↓岡山市保健所、倉敷市保健所、岡山県保健所(岡山県動物愛護センター)の、現在の、犬の収容情報です↓
岡山市保健所
倉敷市保健所
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)その他の譲渡


br_decobanner_20091130164710.gif
☆ランキングに参加しています。ランキングが上がれば、良い里親様との出会いの可能性も高まります。。。 1匹でも多くの命を救うため、ポチっとのご協力をいただけたら、幸いです。。。


スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック