岡山で、元捨て犬である2匹のわんこと、保護犬猫たちたくさんに囲まれて暮らしています☆  22年前から、犬猫の保護&里親さま探しのボランティアをやっています。 保護犬猫の里親様募集がメインですが、たまに、愛する我が家のわんこの事も綴っていきます♪ 
可哀想な子たち、続々、、、
2016年11月20日 (日) | 編集 |
岡山市のとある場所に、イノシシ罠がたくさん設置されている場所があります。

その近辺は、昔から、野良犬が多く、、、

現在、3つのグループで、計20匹くらいの野良ちゃんのグループが暮らしています。


その中には、イノシシ罠にかかり、3本足になってしまった子、、、、
イノシシ罠のワイヤーを引きちぎって逃げたようで、足にワイヤーが食い込んで壊死しかかっている子もいます。


とはいえ私も、すでに保護している子たちや我が家の子たちのお世話、、、それに日常の仕事やら家事やら子育てやらで既に手一杯で、なかなかその子たちのレスキューに取り掛かることが出来ずにいたのですが、、、、

あまりに悲惨な子達の姿に、もう見て見ぬふりをすることが出来ず、、、、
仲間と相談し、先日から、レスキュー作戦に取り掛かりました。


sss.jpg


その子たちの中には、今まさに山で子犬を産んでいるお母さん犬も、3匹以上はいます。

このまま野良ちゃんの子が増えていたのでは、その子たちもまたイノシシ罠にかかり、不幸な子たちの問題がどんどん膨らむばかり、、、、



そんな訳で、現在、①足にワイヤーがめり込んでいる子のレスキュー ②生まれている子犬の捜索&保護 ③雌犬ちゃんたちの捕獲&避妊 を同時に進めていこうとしています。。。




そして、本日、なんとか、3匹の仔犬の捜索&保護に成功しました!!

IMG_1378.jpg

IMG_1371.jpg
★シャンプー後、頭にはフケがいっぱい。。。
何度かシャンプーしなきゃ、解決しません。

IMG_1338.jpg
★1匹は食欲旺盛ですが、、、あと2匹は、イマイチ、市販のドッグミルクには慣れてくれませんっ、、、

IMG_1362.jpg
★薬浴中です☆彡


この子たちがいる野良犬軍団たち、皆、何らかの皮膚病で、、、、

その中には、ちょっと厄介な(治療期間も治療費もたくさんかかる)アカラスの子もいます。


今日保護した子犬たちも、皮膚にたくさんのブツブツが、、、


私は、今日は他にもしなきゃいけない用事が山ほどあったのですが、、、この子犬達の治療が最優先、、、

一度帰宅して出来る限りの用事をこなし、夜に動物病院を受診してきました~、、、、




すると、結果は、アカラスではなく疥癬☆彡
私的には、ほっと一安心です。


疥癬は、人にも他の動物にも感染しますが、いうなればただのダニによる皮膚炎であり、レボリューション塗布で簡単に治る皮膚病です。

なので、早速帰宅後、薬用シャンプーで薬浴し&きれいにし、、、、

シャンプー後2時間は空けなきゃいけないので、もうしばらくして、レボリューション塗布する予定です☆彡



まだ目がハッキリと開いていないのですが、歯が生えかけているので、、、、
現在、生後2週間以上、3週間弱というところです。

男の子2匹、女の子1匹です。。。




まだしばらくは授乳や離乳食が必要(4~5時間おきの食事)なのですが、、、、
私は仕事で留守時間が長いため、明日の夕方からは、平日は友人に預かってもらう予定です☆彡





現在授乳中であろうお母さん犬が、少なくとも3匹。(あと2匹の母犬が、それぞれ3~7匹くらいの仔犬を産んでいるはず)
まだ生後4か月以内の仔犬が3匹。(馴らして里親様募集をすべきか、保護スペースがないため、早めに避妊してリリースすべきか、悩み中)
雌犬は、まだ正確には把握できていませんが、、、 合計10匹はいるかと思われます。(保護&避妊手術して、元の場所に戻す予定)


一応の医療行為に、きっと半年程度は掛かります。





もともとは、無責任な人間が作った問題です。


それなのに、いつも犠牲になるのは、何の罪もない純真無垢な犬たちと、、、
それを見て見ぬふり出来ない私たちボランティア。


なんだかなぁ、、、、と複雑な感情ですが、、、、


それでもやっぱり、この子達にはまったく罪がなく、、、
不幸な犬猫をつくっているのは人間なので、、、同じ人間として助ける義務があるという事だけは確かなことだから、、、、、


レスキュー作戦、引き続き、頑張るしかありません、、、、、



この子犬たち、3匹の内2匹は男の子、1匹が女の子です。

1~2週間後には離乳食開始となるので、その頃から里親様を募集いたします!!

子犬の里親をご検討中の方、どうぞよろしくお願いいたします!!!






苦しい、炭酸ガスでの殺処分を目前に、、、助けを求めている犬猫たちが、たくさんいます。

犬猫を迎えられるときには、是非、私のような愛護活動をしているボランティア、もしくは保健所から、お迎え下さい!!!

ペットショップで売られている犬猫は、犬猫繁殖業者やブリーダーにより、メス犬・猫に次々と無理な妊娠・出産を強いて、商品として製造されています。
繁殖用のメス犬は、上半身を固定され、逃げられない状態にされ、交尾させられます。こんな動物虐待を行う必要性、あると思いますか??? 許されてよい行為だと思われますか???

買う人がいるから、また次々と繁殖用に飼育され、妊娠を強いられ産まされて、、、そして子供が産まれても、すぐに引き離されていくのです。。。とても残酷な事だと思いませんか??
そんな無理やり繁殖させられた犬猫たちを買う人々も同罪であることに、みなさん、どうか、気付いて下さい、、、、
そして、次に犬猫を迎え入れるときには、是非、保健所やボランティアから、お迎えください。


無理に産ませなくても、、、飼い主に捨てられ、殺処分を目前にし、助けを求めている犬たちは、たくさんいます。。。

ペットショップで犬猫を買われる方には、是非、そのことを、教えてあげて下さい。。。

↓岡山市保健所、倉敷市保健所、岡山県保健所(岡山県動物愛護センター)の、現在の、犬の収容情報です↓
岡山市保健所
倉敷市保健所
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)その他の譲渡


br_decobanner_20091130164710.gif
☆ランキングに参加しています。ランキングが上がれば、良い里親様との出会いの可能性も高まります。。。 1匹でも多くの命を救うため、ポチっとのご協力をいただけたら、幸いです。。。
スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック