岡山で、元捨て犬である2匹のわんこと、保護犬猫たちたくさんに囲まれて暮らしています☆  21年前から、犬猫の保護&里親さま探しのボランティアをやっています。 保護犬猫の里親様募集がメインですが、たまに、愛する我が家のわんこの事も綴っていきます♪ 
岡山市保健所からレスキューのくりちゃん、最悪の事態です。
2016年05月29日 (日) | 編集 |
一昨日5/27、岡山市保健所から、1匹のわんこをレスキューしました。

くりちゃん(くりくりお目目なので、仲間が名付けてくれていました)、とっても穏やかな女の子です。。。

実は数か月前に成犬をお迎えくださった里親様が、2匹飼いを検討してくださっていて、、、、
穏やかな性格で、年齢も8歳くらい。 くりちゃんなら、他の子とも仲良くなれそうだし、室内でも飼いやすそう、、、、、

平日日中は仕事で動けない私に代わり、一昨日、仲間が引き出し&搬送&受診を協力してくれて、、、、、
里親様とも打ち合わせの元、来週末から里親様宅でトライアルに入る予定でした。

しかし、なんと、下腹部に、大きなしこりが、、、、


仲間のかかりつけ獣医さんと、私のかかりつけ獣医さんの共通の見解で、ほぼ間違いなく乳腺腫瘍(悪性)だと、、、、

先生にご無理をお願いし、なるべく早くに摘出手術を受けさせようと、一昨日から入院させていて、本当なら昨日夜に手術して頂くことになっていたのですが、、、
昨日、手術に備えて、レントゲンや超音波検査、血液検査をして頂くと、なんと、悪性腫瘍は乳腺だけではなく、、、、、脾臓にも、、、そして子宮・卵巣あたりにも大きな大きな、とても大きな腫瘍がありました。。。。
レントゲン写真を見ると、乳腺腫瘍の2.5倍くらいの大きな腫瘍も。

いつ臓器が破裂してもおかしくない状態、、、、、

すでに、全身に転移しているのです。


もう、手遅れ。
手の施しようがない状態。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




先生に余命を確認すると、なんと、「1~2ヶ月、生きられる子もいるけど、、、、」と。

えっ???  
という事は、運がよくて1~2ヶ月????????


想像もしていなかった、ひどい状態、、、
今は、普通なのに、、、、
普通に歩いて、普通にご飯も食べて、私の手に顔をスリスリして甘えてくれるのに、、、

ショックで、昨夜はちょっと頭がフリーズしてしまいました。



IMG_0114.jpg

IMG_0093.jpg

IMG_0103.jpg

IMG_0113.jpg

IMG_0126.jpg




我が家だと、留守時間が長いため、、、、
くりちゃんにとってベストな環境ではありません、、、、
くりちゃんの最期の時に、側にいてあげられるとよいのだけど、、、、、

いつどうなるか分からないくりちゃん、、、
「仕事から帰宅したら亡くなっていた、、、、」という状況も考えられるため、かなり心配なのですが、、、、、

余命幾ばくも無い子を、他の方にお願いすることもできません、、、、、、
(とはいえ、もしももしも、“専業主婦なので、くりちゃんの看取りを引き受けますよ”なんて方がおられましたら、お声掛け頂けたら嬉しいです。※岡山県内の方で。)

私に出来る限りの最善をつくし、愛情を注ぎ、穏やかな最期の時間を共に過ごしてあげたいと思います。。。




幸い今は、食欲はあり、おやつなどは喜んで食べてくれるので、、、、

マイタケエキスやプロポリスなど、免疫力を高めるサプリなどを与えています。。。




くりちゃん。。。。

飼い主がちゃんと、早期に腫瘍を発見し、治療していたならば、、、、、
生死に関わることはなかった可能性が高いのに、、、

そもそも、保健所に収容されて1ヶ月以上も経つというのに、探しもせず見捨てた飼い主、、、、、、、、


くりちゃん、保健所で、とっても寂しい思いをしていただろうね、、、、、、、




くりちゃん、レスキューし、やっと幸せをつかめると思ったのに。。。。

とても、辛いです。





★☆★5/31追記★☆★
クリちゃん、お仲間のボランティアさんの里親様で日中ほとんど在宅されている方が、看取りボランティアを引き受けてくださることになりました。 クリちゃん、本日、倉敷市のその方のお宅に移動予定です。

看取りボランティアをお引き受けくださった、倉敷市Iさま、ありがとうございます。
Iさまの優しさに、心より、感謝です☆彡
くりちゃんの事、どうぞよろしくお願いいたします。。。


くりちゃんの保護・看取りに掛かる費用は私の方で負担させて頂く予定です。(いつもご支援くださっている方々のお陰です、、、、本当に、ありがとうございます。)

くりちゃんが、穏やかで幸せに満ちた時間を過ごせますよう、、、
最後の時は、出来るだけ苦しむことのないよう、、、

皆さま、お祈りくださいね。。。








苦しい、炭酸ガスでの殺処分を目前に、、、助けを求めている犬猫たちが、たくさんいます。

犬猫を迎えられるときには、是非、私のような愛護活動をしているボランティア、もしくは保健所から、お迎え下さい!!!

ペットショップで売られている犬猫は、犬猫繁殖業者やブリーダーにより、メス犬・猫に次々と無理な妊娠・出産を強いて、商品として製造されています。
繁殖用のメス犬は、上半身を固定され、逃げられない状態にされ、交尾させられます。こんな動物虐待を行う必要性、あると思いますか??? 許されてよい行為だと思われますか???

買う人がいるから、また次々と繁殖用に飼育され、妊娠を強いられ産まされて、、、そして子供が産まれても、すぐに引き離されていくのです。。。とても残酷な事だと思いませんか??
そんな無理やり繁殖させられた犬猫たちを買う人々も同罪であることに、みなさん、どうか、気付いて下さい、、、、
そして、次に犬猫を迎え入れるときには、是非、保健所やボランティアから、お迎えください。


無理に産ませなくても、、、飼い主に捨てられ、殺処分を目前にし、助けを求めている犬たちは、たくさんいます。。。

ペットショップで犬猫を買われる方には、是非、そのことを、教えてあげて下さい。。。


↓岡山市保健所、倉敷市保健所、岡山県保健所(岡山県動物愛護センター)の、現在の、犬の収容情報です↓
岡山市保健所
倉敷市保健所
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)
岡山県動物愛護センター(岡山県保健所)その他の譲渡


br_decobanner_20091130164710.gif
☆ランキングに参加しています。ランキングが上がれば、良い里親様との出会いの可能性も高まります。。。 1匹でも多くの命を救うため、ポチっとのご協力をいただけたら、幸いです。。。

スポンサーサイト