岡山で、元捨て犬である2匹のわんこと、保護犬猫たちたくさんに囲まれて暮らしています☆  22年前から、犬猫の保護&里親さま探しのボランティアをやっています。 保護犬猫の里親様募集がメインですが、たまに、愛する我が家のわんこの事も綴っていきます♪ 
とっても可愛い小型犬(仮称 金太郎)の里親様募集です☆
2011年05月29日 (日) | 編集 |
先日少しばかりブログの中で記載しておりました、友人が保護してくれているわんこですが、、、

フィラリア強陽性のため、里親様募集をかけられるかどうか体調を観察してきていて、、、
(強陽性でも、血管の太い大型犬ならマシなのですが、、、血管の細い小型犬でフィラリア強陽性だと、命に関わるほどの症状が出る可能性があるため、様子を見ていました。)

その結果、保護して1ヶ月程、心配していた程の症状も出ず、、、しかもとても性格の良い子なので、里親様募集を開始させて頂く事になりました!!!!!!


この子を生涯大切にしてくださる里親様、、、ご連絡、どうぞよろしくお願いいたします!!!!!!

この子(仮称 金太郎)の保護経緯について、、、以下、保護してくれているその友人からの文章です。


GW中、岡山空港付近に行った際、道路をウロウロする毛玉の塊を発見…。一見犬とは分からない程の酷く汚れた長い毛が、巨大な毛玉となって犬の体と顔を覆い、どんな顔かも分からない程でした。

車にひかれでもしたらと、、、心配で、そのままにして置けず、、、
近くで畑をされていた方に聞いてみると、数日前から辺りをウロウロしているとの事でした。

正直、車に乗せるのもためらう程、臭く汚れた状態でしたが、性格はとても良い子で直ぐにさわれたので、畑の方に段ボールを貰い、急遽車に乗せて連れて帰りました。

連れて帰ってからは更に大変。
ボランティア精神の高い知り合いの獣医さんに、その酷い状態のまま診察して頂き、バリカンで毛刈りまでして頂いたのですが、、、、、、
この子は今までトリミングの経験がなかった様で、顔のカットをとても怖がりカットが出来ず、、、、、
そのため、翌日にはペットサロンにトリミングに出しましたが、そこでもかなり怖がってしまい、、、
その日は、出来る範囲で顔の毛をカットして頂きました。

数日後、動物病院でフィラリア血液検査をしました。
保護時の状態から、大切に飼われていなかったであろうことが推測でき、フィラリアは寄生しているだろうと予測していましたが、、、、、やはり、結果は強陽性でした。(子虫だけでなく親虫が心臓に寄生している状態です。)

痩せこけた小さな体に、自分の糞尿が付き、5センチ以上厚みのある巨大な長い毛玉が体中を覆い、、、、その中には大量のフケがついていました。
痒くても自分で自分の体すら掻けない状態で、何日放浪していたか、、、、、、、、、
それまでどんな生活をしていたのかは分かりませんが、この子の状態を見て今までの生活を想像すると、とても辛い気持ちになります、、、、、、、、

急な保護で、そのうえ緊急のトリミングや病院、、、、、、
我が家では、家族の体質の問題があり、室内での保護は出来ず、、、、
保護スペースや犬小屋もなかったため、慌てて保護スペースを作り、、、、
その間にも動物病院やトリミングに通い、慌ただしく動く中、、、、、、、
保護時に写真を撮っておこうという発想や、余裕もなく、、、、、
そのため落ち着くまでの写真が撮れていません。


強陽性のフィラリアでは、これからの医療費がかさむ可能性も高く、里親ご希望の方は少ないであろう事が予想され、、、、
顔のトリミングも不完全で、、、、、
トリミングを怖がるため、慣れればトリミング出来るのかどうか?それとも、ずっと顔のトリミングが出来ない子なのか??もはっきりせず、、、、
さらに、マーキングも頻繁で、、、、

若くもなく、フィラリアも強陽性で、トリミングを怖がり、マーキングが頻繁にあるこの子、、、、、 

里親様募集をするか、、、、、それとも、我が家では屋外でしか飼えないけれど、庭にフェンスをはり自由に動き回れる環境で迎え、我が家に迎えてあげる方がいいのでは??とも考え、、、
金太郎の幸せを考え、悩み続けました、、、、、、


体の負担も考えながら医療行為の優先順位を考え進めている為、現在はまだ去勢が完了していません。(6月下旬に去勢手術予定です。)
保護時は、構ってもらえる嬉しさから、私の足にさばり付いてさかるばかりで、こちらが歩けない程でしたが、、、
今は可愛がって貰える喜びを堪能し、精神的に満たされたのか、さかる事も全くなくなりました。

マーキングの回数も激減し、うんちも、今は朝晩の散歩だけで出来る様になりました。
先日、10分程の近距離の用事で、ゲージではなく助手席に乗せてみましたが(お互いの安全を考え、普段の移動はゲージに入れています。)吠えたり暴れたりする事なく、お利口に座ったり伏せをしていました。
写真①は、その時の車内での写真です。

我が家に来て数日は、時々咳をしたり、少し嘔吐する時があったりし、心配していましたが、、、
それも今は落ち着き、病院の先生にも「悪化する事がなければ、気にしなくて大丈夫ですよ。」と言われました。


フィラリアが強陽性の場合、寒い季節には血管が収縮し、フィラリア症が強く出る可能性が高く、、、
特に小型犬の場合、寒さが命取りになる可能性もあるらしく、、、
その上、こんなにお利口で性格の良い子なら、やはり、屋外で飼う事しか出来ない我が家よりも、室内の快適な環境で飼って下さる里親さんを探すべきでは??と思い、、、、 
でも屋外で保護している我が家では、室内でのおしっこの躾が出来ないため、「おしっこのしつけが出来ていな状態で、室内飼いの里親さんにお願いするのは、里親さんにも申し訳ないし、この子自身もしんどいのでは???」と、なかなか気持ちが決まらずにいました。

そんな気持ちのまま、残った顔の毛のトリミングに再挑戦するため、経験の長いベテランのトリミングの先生を紹介して頂き、、、、2回目のトリミングへ行って来ました。

まだ口周りは怖がり、カットが未完全な部分もあるそうですが、無事顔をキレイにカットして頂き、、、
「これから先、月に一回程度トリミングし、慣らしていけば、徐々にカット出来るでしょう。」との事でした。
カットの仕方によりますが、慣れれば2ヶ月に1回位のペースで大丈夫だと思います。

その時、その先生のお母様に教えて頂いたのですが、、、
室内で上手くオシッコが出来ない子には、犬用の腹巻き?みたいな物があるそうで、中には、自分でペットシートをカットした物か、市販品の専用シートを敷き、マジックテープ式の腹巻きを巻けば、室内でのオシッコの失敗にも神経質にならずに済むそうです。



今はとても気候も良く、小型犬とはいえ、屋外での保護もさほど可哀相ではありませんが、、、
やはり、暑い真夏や北風吹き荒れる真冬には、いくら防暑防寒対策をしてあげても、室内ほど快適な環境を作る事は出来ません…。

「我が家では室内飼いをしてあげられない」という事情を考えると、やはり、「室内飼いで大切にして下さる方」に託させて頂く方が、この子の余生を幸せにする事が出来るだろうと考え、里親様を探す事に決めました。



110522_1128~01
☆写真①
車の中でもお利口にしてます。(安全面を考えて、通常はキャリーやゲージでの移動をお勧めします。)


110522_0812~01
☆写真②
濡れ縁からお部屋の中をチェック。金太郎が来てからは、少しでも金太郎が寂しくない様に、我が家の居間のレースカーテンは開けっ放しになりました。昼間はいつもここで外を眺めたり、家の中をチェックしたり、お気に入りのヌクヌク座布団にゴロンとし寝ています。
夜には濡れ縁の下の改造したスペースへ自ら移動して、ペット用ベッドに入って寝ています。



○仮称 金太郎
(カワイい見た目とギャップがありますが…フィラリアに負けない強い子に、、、と願い、付けました。)

○年齢ははっきりとは分かりません。5歳以上10歳未満と思われます。

○男の子

○無駄吠え一切なし。
嬉しい時に少しだけワンワン言う程度です。我が家の子供(幼児)とも、嫌がらず、優しく遊んでくれます。

○6キロ弱の小型犬

○かなりの長毛種ですが、毛抜けはとても少ないです。

○検便・駆虫薬(ドロンタールプラス)投与済み。フロントライン塗布済み。5月分のフィラリア予防薬投与済み。9種混合ワクチン1回目接種済み。

○6月上旬、9種混合ワクチン2回目接種予定。フィラリア予防薬6月分投与予定。6月中旬、狂犬病予防接種予定。6月下旬、去勢手術予定です。




里親ご希望者様につきましては、お問い合わせを頂く前に、当ブログの、 “里親様になって頂くための条件”を必ずお読みください。それに加えて、この子の場合は、下記条件を満たされる方に、お願いしたいと考えております。


■室内飼いして頂ける方。
(※室内でのオシッコトレーニングのため、犬用腹巻き?もしくは犬用紙おむつをご用意下さい。)

■長毛種のため、定期的なトリミングをして下さる方。

■フィラリア強陽性をご理解頂ける方(心臓の親虫が死ぬまでの3年間程、毎月1回のフィラリア予防薬投与と、毎年1回血液検査が必要になります。)

■この子に掛かった医療費とトリミング代の半額をご負担頂ける方。(約2.5万円~3万円程度のご負担をお願い致します。)

※これからも医療費が掛かる可能性が高いこの子を迎えて下さる方に、半額負担のお願いをするのは大変心苦しいのですが、、、
これから先トリミング等も含め、普通の子よりはお金が掛かる子なので、その覚悟をしてお迎え頂ける方にお願いしたいと思っています。
誠に申し訳ないのですが、そんな気持ちから、あえて半額負担をお願いさせて頂く事にしました。尚、ご負担頂いたお金は、このブログのNさんにお渡しし、次の保護っ子の医療費に充てて頂こうと思っています。)



金太郎へのお問い合わせは、このブログの“里親希望者様用お問い合わせフォーム”の項目を必ずご記入いただいた上で、下記のメールアドレスにお願い致します。

hogowan_satooyabosyu@yahoo.co.jp 中村まで。


※慣れないメール対応なので、返信にも時間が掛かり、中々タイムリーな対応が出来ないかも知れません<(_ _)>ご了承下さい。
本名を名乗られないお問い合わせは、ご遠慮下さいませ<(_ _)>)
こちらの都合ばかりを、長々書き並べましたが、この子の幸せを強く願っての気持ちからである事とご理解頂けましたら、幸いに存じます。

保護時から時間が経過し、今までの状態や経緯の説明で、文章がかなり長くなってしまい、その割には写真が少なく、読みにくて申し訳ありません。これからの金太郎の余生を、愛情で幸せいっぱいにして頂ける、暖かいご家族からのご連絡を、心からお待ちしております(*^_^*)










br_decobanner_20091130164710.gif
☆ランキングに参加しています。ランキングが上がれば、良い里親様との出会いの可能性も高まります。。。 1匹でも多くの命を救うため、ポチっとのご協力をいただけたら、幸いです。。。


スポンサーサイト